畑本貴憲

【生年月日】1982年2月1日【星座】みずがめ座【血液型】O型【所属】特になし【楽器】ウィンドシンセ、キーボード【音楽を始めた時期】高校1年生【音楽を始めた理由】文化祭の余興【座右の銘】一期一会【チームに入った理由】仕事先の上司に誘われて【音楽とは?】人生を豊かにしてくれるもの

【経歴】駿河台大学大学院法務研究科卒 法務博士 専門とする法律科目は音楽好きが影響して著作権法。高校生の頃に世界初のオールデジタルシンセ「DX7」を手に入れてから、ノコギリ刃サウンドを作るアルゴリズムにどっぷりとハマる。大学生の頃から作曲した作品をCDにして音楽イベントのM3や店頭委託で頒布開始。これまでに自費でリリースしたアルバムの数は31作、総数2800枚以上と300冊の本を売り上げる。また、某メイドカフェのテーマ曲やPCゲーム音楽、FMラジオのジングル製作に携わる。シンセサイザー好きが周り回ってブレスコントロール楽器に興味を持ち、現在はウィンドシンセにはまっている。いわゆる下手の横好きというものかもしれない。DTM(デスクトップミュージック)ではSONARやCubaseなどのDAWソフトとVSTプラグインを駆使してフュージョン系楽曲の作曲を行なっている。最近はDTM界の進化が速すぎて追いかけるのに精一杯です(汗